豚肉の紅茶煮!簡単!おもてなしレシピ


ブラジルでは煮込み料理がたくさんありますよね?
日本でもいろいろな煮込み料理がたくさんありますが、今日は紅茶を使った豚のさっぱりとした煮込み料理の紹介です。
母に教えてもらった正に家庭的な味だと思います。日本にいたときは滅多に出ない贅沢料理でしたが,ブラジルではお肉が安く買えるので毎日贅沢してる感じですね(笑)

パーティーにも最適!豚肉の紅茶煮!簡単!おもてなしレシピ

Links Patrocinados<br>

豚肉の紅茶煮レシピ
材料: 4人分

  •  肩ロース1キロ(脂肪分が少ない箇所)
  •  紅茶2パック
  •  料理用ヒモもしくはデンタルフロスト(型崩れを防ぐためなのでなくてもok)
  • ◆ 醤油 4: 酒 2: みりん 1: 酢 1: 水 5 の割合です

下準備
・豚の骨が付いていたならそれを取り、ヒモで結ぶ。ひもは無くても大丈夫です。日本みたいに料理用ヒモが無かったのでデンタルケアで代用しました。
・調味料を肉を入れる袋に全て入れておく。

1 豚の塊が漬かるくらい水と紅茶を入れて火をつける。

2 沸騰してから40分ほど煮込む。灰汁がでたら取り除く。

 40分経ったら熱いうちにすでに混ぜてあったたれに漬け込む。

 3時間以上漬け込むと味が染み込んで美味しいです!

5 おすすめとして玉ねぎスライスを作っておくと肉の下に敷くなり上に乗せるなりして見た目も味の相性もよくなります!カイワレとかを載せたりもしてました!
味が薄いと感じたらポン酢をかけるのもおすすめです。

いかがでしたか?
最初ブラジルの人にこれを作って出したら「紅茶を使って煮るなんて見たことない!」って結構驚かれました(笑)ただ食べてみてもらっておいしいと喜んでもらえたので良かったです!手間がかかっているように見える料理ですが実際かかる手間というのは最初の肉にひもを結ぶ準備くらいでなんやったらあれもしなくてもいいので割と簡単な料理だとおもいます!
次の日にも食べれるので他の料理にも使えるのでたくさん作ってたくさん食べてください!
ありがとうございました!

ちなみに最初に切った骨の部分は出汁にしてお吸い物にしていただきました!良かったろこちらもどうぞ!
Sopa de Shitake com cenoura (椎茸と人参のお吸い物)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です