圧力鍋を使って簡単チャーシュー作り

写真のように浸かっている場合は大丈夫だが、もし全部肉が浸かっていない場合は肉をひっくり返して再度10分ほど煮込んで完成買ってもいいんですが、ボリュームのわりに結構いいお値段がするチャーシュー。
ということであれば一度自分で作ってみてはいかがでしょう?
煮込む時間が長そう…
調味料を用意するのがめんどくさそう…
など思うかもしれませんが、最悪「醤油・砂糖・酒・水」があれば作れてしまいますし、圧力鍋を使えば短時間で煮込めます!(味を染み込ますのに1晩かかりますが笑)
自分のおつまみ、夜食ラーメンに載せるトッピングとしても非常に優秀なので是非作ってみて下さい!

肉々しさ満点!圧力鍋を使って簡単チャーシュー作り

Links Patrocinados<br>

材料:

  • 水 300 ml
  • 醤油 250ml
  • 砂糖 75 g
  • 酒 90 ml
  • 味噌 大さじ2
  • 味の素 10g
  • 生姜 薄切り4.5枚

下準備
たこ糸などを使って肉を縛る。
豚肉をひもなどで煮崩れしないように結ぶ

1 フライパンに油を引いてお肉の表面に焼き色を付ける。
※この工程では焼き色を付ける他に、余分な脂を落としたいという目的があります。
油の性質上、油を引いた方が豚肉の余計な脂を引き出してくれます。
肉を縛ったらフライパンで焼き色を付ける

2 圧力鍋に◆を全て入れて加熱して、調味料が全体的に混ざり合ったらお肉と生姜、青ネギを入れる。
圧力鍋に調味料を入れて焼いた豚肉を入れる生姜と青ネギを加える

3 圧力がかかってから20分煮込む

4 お肉がちゃんとたれに浸かりきってない場合はお肉をひっくり返してさらに10分ほど煮込む。

5 圧が下がったら鍋から取り出してすぐに食べてもいいですが、ジッパーなどに入れて1晩冷蔵庫で寝かせると味が染み込んで美味しいです!
チャーシュー完成!

いかがでしたか?:)
圧力鍋のおかげで分厚い塊肉も短時間でしっかり煮込めます!
ブラジルでかたまり肉を買うとだいたい骨もそのままついているのですが、圧力鍋で煮込んでいるので気にならない人なら骨もそのまま食べられます(笑)
ラーメンに載せてもよし、細かく切ってたれにとろみをつけてチャーシュー丼にしてもよし、チャーハンに入れてもよしなので多めに作ってたくさん食べて下さいね!

ありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

ハヤシライス

次の記事

ソース焼きそば