手打ちうどん

コシがあるうどんが食べたいっ!
無性にそんな欲求に駆られたので手打ちうどんを作りました!
材料は中力粉、塩水、打ち粉ぐらいなもんで後は麺棒さえあれば海外でも簡単に作れます!
海外在住の方はあるあるだと思うのですが、市販のうどんはやわ過ぎるんですよね。
やっぱりコシが無いと物足りなさを感じるのが日本人ですね(笑)
幸いブラジルの小麦粉は大半が中力粉でうどん作りに適しています!
その点ご家庭でも気軽に作れるので是非作ってみて下さい!

手打ちうどんの作り方

Links Patrocinados<br>

材料:3人分

  • 小麦粉 300 g
  • 塩 15 g
  • 水 140 ml
  • 打ち粉(片栗粉)

下準備
大きいまな板が無い場合、机にラップを敷いてください。

1 水と塩をよく混ぜて置く

2 2,3回に分けて小麦粉に水を混ぜる。

 素早く混ぜてそぼろ状になるまで全体的に馴染ませる。
その後5分ほど乾燥しないようにラップをして放置する。

 ひとかたまりを作る。

5 団子状にしたら机の上で手で捏ねるか袋に入れて足で踏む。
伸ばす→折りたたむ×3,4回繰り返す。

6 袋の中に入れて常温で15分以上放置(熟成)する。

 袋から取り出し再度捏ねる

8 袋に戻し入れて2時間ほど再度熟成させる。

9 袋から出して麺棒を使って生地を伸ばす

10 生地がある程度伸びたら片栗粉を振って折り畳み、お好みの幅に切る。

11 使わない分のうどんは冷蔵庫または冷凍庫で保存も可能です。

12 大きな鍋に水を入れて、麺を13-15分ほど茹でる。
噴きこぼれそうになったら水を足してください。

13 麺を冷水で洗う。
※かけうどんにする場合も一度冷水で洗ってからお使いください。

14 皿に盛ってお好きな薬味と一緒に食べて下さい。

冷蔵の場合は2-3日、冷凍保存なら1か月以内に使い切ってください。
の工程では足で踏んだ方が簡単にコシも出るので厚めのビニール袋に入れてやってみて下さい!
ありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

スタミナラーメン

次の記事

いり卵