おからも美味しい!ひよこ豆から作る豆腐のレシピ

お醤油やポン酢を垂らしてお召し上がりください
ひよこ豆豆腐...「豆」が二つ並ぶと変な感じですね笑
ではっ!ひよこ豆を使って豆腐を作ります!
ご存知の通り、普通の豆腐は大豆を使って作るのですが、にがりを使ったりなんか手間が多そうなイメージがあってなかなか自分で作ろうとは思わないんじゃないでしょうか?(そもそも日本だと安く美味しい豆腐がスーパーで手に入るので手作りをする人の方が珍しいですよね(^^;)
ところが海外でも簡単に手に入る「ひよこ豆」を使ったらなんせ簡単に作れたのでご紹介します!

大豆より簡単!にがり無しで作れるひよこ豆豆腐の作り方

Links Patrocinados<br>

ひよこ豆豆腐レシピ
材料: 10人分

  • ひよこ豆 500 g(乾燥)
  • 水 1 L

準備するもの
・豆腐の型となるタッパーなどの入れ物
・さらし、もしくは代わりとなるもの
僕は今回さらしの代わりに未使用だった「洗濯ネット」を使いました!
これが自分でもびっくりの発見だったので、ぜひ海外在住の方は試してみて下さい!

1 ひよこ豆を軽く洗う。

2 洗ったひよこ豆を鍋に入れて浸るまで水を入れる。
約12時間冷蔵庫で寝かす

 12時間経ったら鍋の水を捨て、ミキサーにひよこ豆と水1L入れて攪拌する。

 ドロドロになるまでミキサーにかけたら鍋にさらしを用意しておからと豆乳に分ける。

5 量が多い場合は何回かに分けて行ってください。

6 全て入れたらおからの方は絞って冷蔵庫か冷凍庫に小分けして保存しておくといろんな料理に使えて便利です!

 あとは火にかけて混ぜるだけですが、火をつける前にぐるぐると底の方から全体的にかき混ぜてください。
.

8 弱火でよくかき混ぜ続けて下さい。
全体的なとろみではなく、どろどろとこれ大丈夫かな?って思うような固まり方がしていますが大丈夫です。
クリーム状になるまでかき混ぜ続けて下さい。

 クリーム状になったら熱いうちにタッパーに移し替える。
常温でも固まりますが、冷蔵庫で30分~1時間ほど置くと冷たくなって美味しいです。

いかがでしたか?
長い工程に見えるかもしれませんがやっていることは非常に単純で、小学校の家庭科の授業ぐらいのレベルで出来ます。
食感は胡麻豆腐に近くて豆の味の主張が強いです。
なので日本の絹豆腐のような滑らかさはありませんが、水の量を1.5Lぐらいに調節すればもう少し滑らかさが出るのでその辺はお好みで作ってみて下さい!

ちなみに・・・
・水煮のひよこ豆だと固まらないようですので必ず乾燥のひよこ豆を使ってください。
・気になるカロリーは
大豆より低いですが糖質は高いので、糖質制限がある方など気になる方は食べる量を調節してあげて下さい。
・なぜ固まるのかというと、ひよこ豆に含まれるでんぶんとペクチンの働きによって「にがり」などの凝固剤なしで固まるそうです。

完全に自己満ですが、今回洗濯ネットでさらしの代用が効くという発見は感動的でした。
風通しがよく目が細かいので、常温保存の野菜の保管にもいいかもしれないですね。
ただしその際は、間違って普通の洗濯物と一緒にならないように干す場所に気を付けて下さい笑

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です