牛スジ肉のしぐれ煮

牛すじ肉のしぐれ煮完成
牛しぐれ煮は醤油ベースに生姜を加えた佃煮の一種の料理です。
お肉は適度に脂が入っている切り落としやこま切れでもいいのですが、今回はスジ肉を使って作りました。
圧力鍋を使うと短時間でとろとろに柔らかくなり、あともう一品欲しいときのごはんがススム優秀なおかずになるので是非作ってみて下さい。

牛スジ肉で作るしぐれ煮の作り方

Links Patrocinados<br>

材料:5人分

  • ※あく抜きしたごぼう 1本分
  • 牛すじ肉 600 g
  • 生姜 1かけ 千切り
  • 醤油 大さじ7
  • 酒、みりん 各大さじ4
  • 砂糖 大さじ3
  • 水 300 ml

圧力鍋の下茹で用

  • ◆水
  • ◆酒 大さじ1
  • ◆砂糖 大さじ1
  • ◆青ネギ 1本
  • ◆生姜 薄切り2枚ほど

※ゴボウのあく抜きの仕方はこちらを参照ください
ゴボウの下処理

下準備
・生姜は皮をむいて千切りにする。
・スジ肉を水を入れた鍋に入れて沸騰するまで加熱する。
沸騰したら火を止めてざるに移して表面についている灰汁や汚れを洗いとる。

1 圧力鍋に水を入れ、先ほど茹でたスジ肉と◆を入れて圧がかかってから15分煮込む。
圧力鍋に下茹でしたスジ肉を入れる。
圧力鍋に青ネギ、生姜を入れる

2 茹であがったらざるにお肉を取り出して食べやすい大きさに切る(下茹での前に小さく切っても良いです)。
圧力鍋で15分煮込んだ後

 底が深めのフライパンに千切りにした生姜とたれを入れてひと煮立ちさせる。

フライパンに千切りした生姜とタレを入れてひと煮立ちさせる。

4 あく抜きしたゴボウとを入れて煮込む。
最初の方にあくがでれば茶こしなどでとってあげて15分程水気を飛ばしながら煮込む。
ささがきしたごぼうとスジ肉をフライパンに入れる。
15分ほど煮込む。

5 汁気が少なくなって味が染み込んできたら完成です!
15分煮込んで汁気が少なくなった状態
牛すじ肉のしぐれ煮完成

いかがでしたか?:)
スジ肉ではなく小間切れの肉を使う場合は圧力鍋の工程を省くので更に短時間で作れます!
またひき肉を使えば牛そぼろになるのでそちらもおすすめです。
水を入れないで作るレシピもありますが、水を入れて少し「茹でる」ように作ることで、灰汁と余計な脂、そして臭みも取ることができるのでおすすめです。
そぼろにするときもこの方がほぐれやすくなるという利点があります。

ちょっとしたひと手間ですが、意外と知られていない味に差が付くポイントですよね!
しぐれ煮は冷ましてお弁当のおかずにしてもいいですし、熱々の状態で食べても美味しいです!
たくさん作って冷蔵庫保存なら1週間、冷凍ならば1カ月ほど美味しいまま保存できます。
是非作ってみて下さい!
ありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

きんぴらごぼう

次の記事

かぼちゃの煮物