簡単!オイキムチ(きゅうりのキムチ)漬けの作り方

適当なサイズに切ってペーストと混ぜ合わせて漬ければ完成です!
オイキムチ=きゅうりのキムチ
を指します。オイは韓国語できゅうりという意味です。
普通に「キムチ」と言うと白菜のキムチを連想するのが一般的なため、きゅうりを使った場合「オイキムチ」と呼び分けています。
きゅうりではなく大根を使った場合は「カクテキ」と呼び分けられていますね。
カクテキは方言で、標準語では「カクトゥギ」と発音するんだとか。
日本人的にはカクテキの方が言いやすいからこちらが定着したんですかね?
またカクテキも今度作っていきたいと思いますが、今日は
”知っていれば簡単に作れるオイキムチの作り方”
こちらを紹介します!

つまみにも最適!オイキムチの作り方

Links Patrocinados<br>

材料:

  • 市販のキムチときゅうり

もしくは⇩

  • きゅうり たくさん
  • 人参 1/2本
  • 大根 1/5本
  • ニラ or 青ネギ 3束
  • 塩 適量

ペースト(ヤンニョム)

  • パプリカ(辛口) 20g
  • パプリカ(甘口) 30g
  • 粗びき唐辛子 50g
  • 明太子ソーススパゲティーの粉末 1袋(1人前)
  • 味の素 大さじ1
  • はちみつ 大さじ4
  • ◆にんにく 3/4片
  • ◆リンゴ 1個
  • ◆玉ねぎ 1/2個
  • ◆生姜 1片
  • 糊 (水 100 ml+片栗粉 大さじ1)
    材料紹介お好みで野菜をペーストに混ぜ合わす

差がすごいですね(笑)
僕はこの前白菜のキムチを作った際ペーストが残ったのでそれを使ってオイキムチを漬けました 🙂
塩辛なしの手作りキムチ

市販のキムチを使う方はの工程からどうぞ!

1 ペースト(ヤンニョム)を作る。
まず水 100 mlと片栗粉を大さじ1を鍋に入れて弱火でかき混ぜ続ける。
次第に固まってくるので火を止めて冷ましておく。
糊を作る 糊完成写真。冷ましている間に他の作業

2 ◆の皮を剥いてフードプロセッサーなどで撹拌する
フードプロセッサーで撹拌する

3 ボウルなどに粉末類、調味料と1・2を入れて全体的に馴染ます。
この時お好みで人参や大根を細切りにしたものを一緒に漬けておく。
ボウルに調味料を全て入れる 全体を混ぜ合わせ馴染ます 野菜とペーストを混ぜ合わせた写真

4 きゅうりを洗い端っこを切り縦半分に切る。
中の種をスプーンなどを使ってくり抜く。
塩を振って少し揉みこんで5~10分ほど放置する

縦半分に切るスプーンで種の部分をくり抜く

5 汗をかいてくるので拭き取る。
もう一度塩を少々まぶして板ずりする(まな板でゴロゴロする)。

6 適当なサイズに切って3ペースト(市販のキムチ)と混ぜ合わせて漬ければ完成です!

適当なサイズに切ってペーストと混ぜ合わせて漬ければ完成です!

 

7 簡易的な方法として、6でくり抜いたところに白菜のキムチを入れれば見た目が可愛くなるのでちょっと食卓を華やかにしたい時などにはいいかもしれませんね!
お好みで食べる直前にごま油や胡麻を振って食べても美味しいのでおすすめです!

いかがでしたか?
浅漬けと同様にキムチも漬物の一種です。
漬けている間に野菜から水分が出てくるので、ただ切って漬けているだけだといざ食べる時に水っぽい仕上がりになってしまいます。
そうならないために、まず中の種の部分を取り除き、更に胡瓜の中の水分を外に出してあげるために塩で揉み込み汗をかかせます。
種を取ることでしばらく付けた後でもシャキシャキの食感を楽しめます!
種の部分が好きな人は残したままでも結構ですが、その場合、水っぽくなるのを想定して辛み、塩味を調整してください。

ちょっと頑張って自分でキムチを作った時にはぜひオイキムチも一緒に漬けてみて下さい!
めちゃくちゃおいしいです。
市販のキムチが冷蔵庫に残りちょっとだけある…という場合にも白菜からきゅうりにシフトチェンジすれば2度たのしめます!
そして手作りと比べればなんせ超手軽です(笑)
是非その時のシチュエーションに合わせて作ってみて下さい!
ありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です