タピオカ粉を使ったモッチリお好み焼き

こんにちは!
ブラジルでも少しずつ認知されてきているお好み焼きですが、長芋が無いときにタピオカ粉を代用して作ったレシピです。
日本でタピオカと言えば「タピオカジュース」に入っている黒い粒状のものをイメージするかと思いますが、ブラジルでは一般的に「クレープ」のような料理で使われています。
タピオカのもちもちっとした食感を残したまま、クレープのような薄い生地を作って野菜やお肉を入れてトルティーヤみたいな食べ方もしますし、デザートやアイスを入れてスイーツにしても売っています。
ブラジルでは簡単にスーパーで手に入るタピオカ粉ですので、モッチリ感が好きな人には一度買って試してみませんか?:)

タピオカ粉を使ったモッチリお好み焼き

Links Patrocinados<br>
今回はタピオカ粉を使用していますが、もちろん長芋を里芋を使っても美味しく仕上がりますし、その場合柔らかくふっくら仕上がります!
生地を分けてお店のように食べ比べをしてもいいですね!

お好み焼きレシピ
材料: 4 人分

  • ◆小麦粉 200 g
  • ◆タピオカ粉 30 g
  • ◆ほんだし 5 g
  • ◆塩 少々
  • ◆水 300 ml
  • 卵 2個
  • キャベツ 小一玉
  • お好きなお肉 好きなだけ(今回贅沢にビーフステーキ肉を使ってます。)
  • お好み焼きソースソース
  • マヨネーズ
  • お好みでかつお節や青のり、万能ネギなど

 

1 キャベツを細切りに、青ネギを小口切りにする。

2 ◆を全て混ぜる。

 1 とキャベツ、卵を混ぜる。

 フライパンに油を敷いて3の生地を入れる。肉を生地の上に載せる(厚めのお肉だったので、生地の周りで焼いてから上に載せてます)。 

5 焼き目が付いたらひっくり返して蓋をして弱火で3分待つ。

6 再度ひっくり返して中まで火が入っているか確認する。

7 器に移して適当な切り分けてからソース類、薬味をかけて完成です!

お好み焼きはついつい食べ過ぎてしまいますが、タピオカを入れることによってモッチリとした食感と、おなかに溜まりやすくなるので食べすぎの抑制にもなります!
タピオカ粉の量を調節してお好みのもちもち感を楽しんでください!
ありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です