いり卵

片手鍋で作るいり卵完成
片手鍋を使ったいり卵の作り方を紹介します!
フライパンでも出来ますがなるべく細かめのホロホロ状態にしたかったので片手鍋にしました。
材料は2人分となっていますが、そぼろ丼に使ういり卵として作ったので量は調節してみて下さい。

片手鍋で作るいり卵

Links Patrocinados<br>

材料:2人分

  • 卵 3個
  • 砂糖 大さじ2
  • 酒 大さじ1
  • 塩 ひとつまみ

1 片手鍋に材料を全て入れて混ぜる。
片手鍋に卵を3個入れる
火にかける前にはしで溶く

2 はしを4,5本または泡だて器などを用意してから弱火で熱する。
弱火で加熱しながら箸を4,5本使って混ぜる

3 ひたすらかき混ぜる!
焦げそうになりそうな時は一度鍋を火から離して混ぜてあげてください。
余熱でも火が通るので焦げないように気を付けてください。
片手鍋で作るいり卵完成

いかがでしたか?:)
まっ黄色に仕上がると料理の見た目も華やかになりますよね!
実家では熱々のまま白ご飯の上に載せて食べてました!
ちなみに甘さを控えたい人は砂糖の量を減らしてみて下さい。
ポロポロしているので、すき間を埋めるということで卵焼きの代わりにお弁当に入れたりしてもいいですよね!

ちなみに僕はこの間牛しぐれ煮の要領で作った牛そぼろを使ってそぼろ丼にしていただきました!
鶏ひき肉じゃない親子そぼろ丼
本当は鶏ひき肉を使って親子そぼろ丼にしたかったのですが、ブラジルの僕の住む地域では鶏ひき肉を売っていないんです…
その分牛ひき肉が異常に安いんですが(笑)
是非お好きな料理に合わせて作ってみて下さい!

ちなみにいり卵とよく似ている「スクランブルエッグ」ですが、いり卵は一般的に食用油を使わずに、砂糖・酒・塩でポロポロのそぼろ状になるまで炒めたものを指し、スクランブルエッグは牛乳・塩コショウ・バターなどを使ってトロトロの状謡になるまで炒めたもの、という違いがあります。
以上豆知識でした。

ありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

手打ちうどん

次の記事

ハヤシライス