レモンでも簡単に作れる!自家製ポン酢レシピ


ご家庭で簡単にポン酢を作りましょう!
海外在住あるあるの一つで日本の調味料が手に入りにくいもしくは高価なのであきらめがちというのはよくあることだと思います。
しかし!
意外と他の調味料を混ぜて代用出来たり、自分でも作れたりするんです!
それも簡単に!
そんな中でも今回は自家製のポン酢を作りました!
僕はゆずが好きなので柚子ポン酢を作りたかったのですが残念ながらブラジルで手に入れるのは難しかったので、レモン(ライム?)で作りました!
日本ならこれからの季節、鍋のつゆとしても!
ブラジルならこれから夏本番でさらに暑くなってくるのでさっぱりとしたポン酢を使ったレシピで味わってみてはいかがですか?:)

お家で簡単!ポン酢の作り方

Links Patrocinados<br>

レモンで自家製ポン酢レシピ
材料:

  • 醤油 レンゲ5杯
  • みりん レンゲ2杯
  • 酢 レンゲ1杯
  • 昆布だし 少々
  • 絞ったレモン 2個分

下準備
・先にみりんをひと煮立ちさせる。
※この工程はみりんのアルコール分を飛ばすために行っていますが、省いてもらっても結構です。
アルコールが苦手な人や気になる方がいる場合は行ってください。

1 全ての調味料を混ぜて完成です!
清潔にした容器に入れて冷蔵庫で保管してください。
すぐにたれや料理にも使えますが、1晩冷蔵庫で寝かせると味が落ち着いてまろやかになります。

いかがでしたか?
え?これだけっ?
って思うくらい簡単ですよね(笑)
でも本当に美味しいポン酢がこれで出来るので是非試してみて頂きたいレシピの一つです。

調味料がシンプルな分、逆にアレンジもしやすいです。
僕が作ったのもそうですが、
レモンをすだちや橙(ダイダイ)に変えても作れますし、醤油を薄口にしたりバルサミコ酢を使ってみたり、出汁をかつおだしや昆布とかつおだしの合わせ出汁に変えてもまた違う味わいになるのでいろいろ試してみたいですね。

保存期間ですが、半年ほどは使えます。
料亭によっては1か月は寝かしてから出すところもあるそうです。
僕は待っていられないので大体1か月ぐらいで使い切ってしまいますが(笑)
ですが、その1か月の間だけでもだんだん味が馴染んできているのが分かって、味の変化を楽しむことが出来ます!

海外に住んでから気づきましたが、鍋のたれだけでなく、炒め物や酢の物、また浸けにしたりサラダのドレッシングとしても使えるポン酢はまさに万能ダレだと思います!
作っておいて損はない調味料だと思うので是非作ってみて下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

天津飯