【さっぱり系】チョレギサラダ&ドレッシングの作り方・レシピ

まんべんなくかけて召し上がってください
さっぱり系ドレッシングの代表格であるチョレギサラダドレッシングの紹介です!
と、その前にチョレギサラダについて少し触れておきます。

チョレギサラダとは。
韓国料理と思われがちだが日本で食べられている「韓国風サラダ」である。
チョレギという言葉自体は存在するが、地方の方言で標準語ではコッチョリという。
意味は浅漬けキムチ。

はい。
なのでもし韓国でチョレギサラダが食べたいですって言ってもおそらく店員さんには伝わらない料理なので注意しましょう。
もし伝わったように思って安心していたら浅漬けのキムチが来た。
なんてことになっても店員さんは悪くありませんしね(笑)

ではなぜ日本ではこれほどまでにチョレギサラダが浸透しているかと言うと、かのエバラ食品が「チョレギドレッシング」という商品を販売したのがきっかけで普及していったようです。
それがここまで拡がったのでエバラ食品の影響力はすごいですね。

前置きが長くなりましたがレシピの紹介です!

【さっぱり系】チョレギサラダ&ドレッシングの作り方・レシピ

Links Patrocinados<br>

チョレギサラダの材料 : 2人分

  • レタス
  • 玉ねぎスライス
  • 韓国のり

ドレッシング

  • 酢 大さじ 3
  • 昆布だしの素 大さじ 1
  • ごま油 大さじ3
  • 水 20 ml
  • 塩 少々
  • すりごま お好みで
    すぐできるチョレギサラダドレッシング ドレッシングとお好きな野菜を用意する

以上です!
いかがでしたか?今回はドレッシングの色を白か透明っぽくしたかったので醤油やポン酢を使わないレシピにしました。
昆布だしが効いているがとても美味しく酢でさっぱりさせているのでいくらでもサラダが食べられちゃいます。
酢をレモンに変えても美味しいと思います!

チョレギサラダは日本人が韓国風をイメージして作ったものなので、韓国っぽいものをちょっと加えたらなんでもチョレギサラダドレッシングになりうるんで誰でも簡単に作れます(笑)

今回で言うと「ごま油+韓国のり」がその役割を担っています。
韓国のりはそのままですが、ごま油はなぜかというと、韓国料理といえば!というくらいごま油がよく料理で使われているからです。
料理以外でも化粧品に加工されているのも多々あるそうで、日本の醤油ぐらいのレベルで馴染まれている食品です。

なのでこのレシピ以外でもチョレギサラダを作る際はごま油を使っておけばチョレギサラダドレッシングを名乗れるので覚えておいてくださいね(笑)
ありがとうございました!
インサート写真

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です