ブラジル式ストロガノフ

お皿に盛り付けて完成です!

ストロガノフというとロシア料理のイメージが強いかもしれませんが、実はブラジルでは日本でいうカレーぐらいの立ち位置にあります。
そう、つまりブラジル人にとって国民食といっても過言ではないほど馴染まれている煮込み料理料理の一つなんです。

ご存知の通りブラジルは移民の国でその中でもロシアから移民された方からストロガノフが伝わって、ブラジル人の口に合うように変化していったようです。
その変化と違いを3点ほど挙げると

・本家では牛肉で作るのが主流ですが、ブラジルでは鶏肉や豚肉、エビなどの海鮮系を使ったアレンジが多くされています。

・また味付けも本場ロシアでは、スメタナ(サワークリーム)をメインの調味料としていますが、ブラジルではトマトソースがメインとなっています。
おそらく寒い国ロシアでは、カロリーの消費が激しいため少し重た目の味付けが必要なのでしょう。
反対にブラジルは熱いのであまりこってり系は好まれないように思います。なのでトマトをたくさん使ってさっぱり系に変化していったののではと勝手に推測しています。

・ロシアではご飯ではなく素上げしたジャガイモと一緒に食べるのが主流なのに対し、ブラジルではご飯とジャガイモの細かくしたお菓子のようなフライと一緒に食べます。
写真参照⇩
お菓子のようなポテトフライ

今回はベーシックな牛肉で作りました!
というよりも嫁さんの叔母さんが作っているのを手伝いつつ写真をとりました!
THE・ブラジル家庭料理です(笑)
ちょっとしたホームパーティーで作ったので食材の分量多いのですが、今回はレシピというより雰囲気が伝われば幸いです。笑

ブラジル式ビーフストロガノフ!

Links Patrocinados<br>

ビーフストロガノフのレシピ
材料:30人分

  • 玉ねぎ 3個 みじん切り
  • 牛肉 1.5キロ コマ切り
  • マッシュルーム 250 g スライス
  • トマト 5個 さいの目切り
  • トマトソース 4袋
  • 水 500 ml
  • サワークリーム 800 ml

1 鍋に油を敷いてみじん切りにした玉ねぎを飴色になるまで炒める。
みじん切りにした玉ねぎを飴色になるまで炒める。

2 肉を入れて色が変わるまで炒める
肉を入れて煎ろが変わるまで炒める

3 トマトを追加する
トマトを追加する

4 マッシュルームを入れる
マッシュルームを入れる

5 トマトソース、水を入れ、蓋をして煮込む。20分ほど煮込んだら一度冷ます。
トマトソース、水を入れる蓋をして煮込み、一度冷ます

6 食べる直前に温め直し、サワークリームを入れて塩で調味して完成です!
お皿に盛り付けて完成です!

いかがでしたか?
トマトをたくさん使っている上に、サワークリームの白色が合わさったピンクっぽい色が独特ですよね!
とてもシンプルな煮込み料理なんですが、どこかなじみ深い味な気もする一品です。
カレーやハヤシライスを食べ親しんでいる日本人だからでしょうか?
ブラジルで作るビーフストロガノフと日本のとでは使う食材や調理の順番が違うかもしれませんが、是非ブラジル式ビーフストロガノフも一度試してみて頂きたいです!
今度2人分くらいの分量で作ってちゃんとupします(笑)
その時はそうですね!せっかくなので和風っぽくしてブラジルの方に食べてもらって反応を見て報告したいと思います:)
ではまたっ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です