SUSHI ROLL ! 海苔を使わない太巻き

巻いてすぐよりは一度乾燥しないようにラップをしてから切ると切りやすいです
こんにちは!
この前作りしておいたらっきょ酢を使って太巻きを作りました!
ただ、いざ作るとなって海苔が無いことに気づき、違う料理にしようかとも考えましたが、小さいころ母が海苔の代わりに「薄焼き卵」を代用して作っていたことを思い出したのでこれを使って作りました!
彩も良くなるし、ご年配の方にも優しい料理になったので少し手間は増えますがおすすめです!
デメリットとして、
巻くまではいいですが、切り分けるとき又は食べる時に、海苔と違って卵同士がくっつかないので崩れやすかったです。
何かいい方法もあるのかもしれませんが…。
また新しい情報が入れば紹介したいと思います!
あとかんぴょうも売っていなかったので自分で切り干し大根を作ってそれを煮て代用しました!

SUSHI ROLL ! 海苔を使わない太巻き

Links Patrocinados<br>

材料: 4人分

  • スライス椎茸 50 g
  • 切り干し大根 50 g
  • ◆水200 ml
  • ◆醤油、みりん、砂糖 各大さじ4
    ※残ったら別の料理でも使えるので多めに作りました。
  • 卵(厚焼き玉子) 3個
  • 塩 ひとつまみ
  • 砂糖 小さじ1
  • きゅうり 1本分
  • 卵(薄焼き卵)3個
  • 片栗粉、水 各大さじ1
  • すし酢 75 ml
  • 炊き立てご飯 2合半

下準備
・ご飯を通常より硬めに炊く。

1 鍋に◆とスライス椎茸をいれる。
切り干し大根は表面をサッと洗って鍋に入れ火をつける。様子を見ながら15分~20分ほど煮汁が少なくなるまで煮る。(その間他の調理をします)
味を確かめて、良さそうなら火を止めて冷まします。

2 厚焼き卵を作る。
ボウルに卵と調味料を混ぜる。
3回に分けて入れていきます。
①1/3玉子焼き器に入れて、はがれるくらい焼けだしたら奥の方から手前に三つ折りするように巻く。
空いてる奥のスペースに油を少し敷いて卵を奥にずらす。

②空いた手前にも油を敷いたら卵を手前に入れる。
奥に置いた①の下にも卵を流したいので箸で持ち上げたりして流し込みます。
①と同様奥から手前に畳んでまた奥にスライドさせる。

③2と同じ流れ。
油が鍋になじんでいれば、更に油を足す必要はありませんが、くっつくようなら少量足します。
手前に折るとき、3回目になると大きくなっているので無理に三つ折りにしなくても大丈夫です。

まきすの上にラップを敷いて、その上に卵を載せる。
まきすで卵を成型しながらラップも巻く。
粗熱が取れたら冷蔵庫にいれて冷えてから切ると切りやすいです。

 薄焼き卵を作る。
錦糸卵を作るときと同じく、水溶き片栗粉を混ぜて焼くと破れにくくなります。
卵とフライパンの大きさにもよりますが、僕の場合たまごMサイズ、フライパン直径30㎝の物を使って3枚薄焼き卵が出来ました。
卵と水溶き片栗粉を混ぜる 均一の厚さになるように焼いていく

 きゅうりを棒状に切る。

 ご飯が炊きあがったらボウルやパッド、大きめのタッパーなどにご飯を入れてすし酢を入れながらがご飯を切るように混ぜる。
すし酢を入れたらうちわなどを使って、触っても熱いと感じない人肌くらいの温度まで冷ましてあげてください。
ふきんを湿らして酢飯の上に被せ30分~1時間ほど常温で置く。
※今回このふきんをかける前に急遽外出しなくてはならなくなり帰ってきたときにはパサパサになってしまいました...。

 酢飯が冷めたら巻いていきます。
巻きすの手前に薄焼き卵の端を合わせてその上に酢飯を薄く敷きます。
海苔で巻くときと同様に上の部分にスペースを作っておきます。
具材を横に並べて巻く。
すぐに食べないならば乾燥しないようにラップをしておく。
切り方としてはなるべく長い包丁かパン切り包丁を使って長いストロークを活かして1往復で切ると上手に切れます。
また、一度切ったら包丁に汚れが付くので見た目を気にするならば、切るたびに包丁を濡れた付近などで拭いてから切ると見た目も美しくなります。

 

いかがでしたか?
工程4で書いた通り今回正直失敗しました(笑)
酢飯が乾燥してしまうと切った時もご飯がぽろぽろ出てくるし、酢飯の味も弱くなってしまうので皆さん作るときは酢飯の乾燥にご注意ください(笑)
椎茸と切り干し大根は前日に仕込んでおけば味が染み込んでさらに美味しくなるし、当日の手間が一つ減るので時間があれば前日の夜に仕込んで冷蔵庫に入れて置くのがいいと思います。
切り干し大根をかんぴょうの代わりとして使いましたが中々美味しくできました!
ただ、少し厚みを出すか量を増やさないとあまり存在感が出ないのでそれも次の課題にします!

ブラジルの人は「SUSHI」と言えば握りずしではなく太巻きを想像する人が多いくらい好まれている料理なので、精進して食べる人に喜んでもらえれるようにまだまだ頑張りたいと思います。
ありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です