天津飯

熱々の白ご飯の上に卵を載せてたれをかけて完成!
天津飯って中華発祥じゃなくて日本が中華の影響を受けて独自に生み出した料理だということをご存知でしたか?
名前から中華料理だと思っている方も少なくないと思いますが、本場中国では「芙蓉蟹(フーヨーハイ)」と言われる、かに玉と似た料理はありますがこちらはご飯にかけては食べないようです。
やはり日本人はご飯が大好きなのでご飯に合うように料理が変化し進化してきたんですね!
すぐ作れてすぐに食べれる美味しい天津飯!庶民の僕は本物の蟹を使った天津飯はよっぽどのことが無い限り作りませんし、逆にかにかまの方が落ち着くくらいです(笑)

天津飯の作り方

Links Patrocinados<br>

材料: 2人分

  • 卵 4個
  • かにかま 4本
  • ◆醤油 小さじ2
  • ◆酒 小さじ1
  • ◆鶏ガラの素 小さじ1
  • ◆砂糖 小さじ1
  • ◆水 100 ml
  • 水溶き片栗粉小さじ2(片栗粉小さじ1+水小さじ1)

1 卵4個とかに玉を割いてボウルに入れる。泡立たないように白みを裂くように箸などを使って混ぜる。
かにかまを裂てボウルに入れる。

2 ◆を全て小鍋に入れて全体が混ざってひと煮立ちしたら水溶き片栗粉を入れてとろみが出るまでかき混ぜる。
とろみがついたら火を止める。
調味料を全て鍋に入れて加熱しながら混ぜ合わす。

 熱々の白ご飯を食べる分だけよそっておく。
熱したフライパンに1を入れ、箸でぐるぐる混ぜながら半熟の状態になったら火を止めてご飯の上にスライドさせる。
たれの方はひと煮立ちしたら水溶き片栗粉を入れてとろみをつけておく

 2をかけて完成です!
お好みで小口切りにしたネギや茹でたグリーンピースなどを乗せれば更に彩りが良くなります!
熱々の白ご飯の上に卵を載せてたれをかけて完成!

いかがでしたか?
ふわっふわとろとろの天津飯って美味しいんですよね~。
作る時間も15分ぐらいと早かったんですが、食べるのは3分もかからずにペロリでした。
僕はごま油が好きなんですが、最後の方でひと回し自分の皿にかけてみたらめちゃくちゃ美味しかったので良かったらそちらも試してみて下さい!
ありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です