揚げ方と揚げ時間にコツあり!とんかつの作り方

千切りのちゃべつを添えると「THE・とんかつ」って感じになりますね!」
みんな大好き「とんかつ」を失敗しない作り方の紹介です!
お店で食べるとんかつと家で作ったのと違いは何かといわれれば「柔らかさ」と「ジューシーさ」じゃないでしょうか?
お肉のランクも違うかもしれませんが、安いお肉でも調理法一つで仕上がりに違いが出ます。
とは言っても難しいことは一つも無いので手順通りに調理すれば柔らかくてジューシーかつ衣もサクサクに仕上がるのでおすすめの揚げ方です!

揚げ方と揚げ時間に秘密あり!とんかつの作り方

https://youtu.be/N0M0rN-eReY

Links Patrocinados<br>

とんかつの材料 : 2人分

  • 豚肉 2枚
    塩 少々(肉の重量×0.8%)
  • 卵 1個
    サラダ油 小さじ1
  • 小麦粉 適量
  • パン粉 適量
  • 油 適量

下準備
・豚肉を常温に戻しておく。
スジに切り込みを入れて肉叩きで延ばす。
全体的に塩をまぶしたら延ばした分を元の大きさに戻し成型する。
スジに切り込みを入れてスジに切り込みを入れる 肉叩きで延ばす。 延ばした分を元の大きさに戻し成型する。

・揚げる用の鍋に肉が半分ほど浸かるくらい油を入れておく。

1 小麦粉、パン粉、溶き卵をそれぞれパッドなどに用意する。この時溶き卵にサラダ油を加えて混ぜ合わす。
こうすることで肉の表面に膜が出来て旨味をしっかり閉じ込める効果と衣をはがれにくくする事が出来ます。

溶き卵にサラダ油を加えて混ぜ合わす。

2 肉にパン粉をまぶし不要な分は払い落したら溶き卵にくぐらせ最後にパン粉をつけたら冷たい油の中にそのまま入れる。
お肉を入れたら油を垂らし、お肉が浸かるくらいまで入れたら弱火で加熱する。
肉にパン粉をまぶし不要な分は払い落とす 溶き卵にくぐらる 最後にパン粉をつけたら冷たい油の中にそのまま入れる。 お肉を入れたら油を垂らし、お肉が浸かるくらいまで入れる

3 表面が赤くなってきて肉汁がにじんできたタイミングでひっくり返します。そこから3分計ってください。

表面が赤くなってきて肉汁がにじんできたタイミングでひっくり返します。

4 3分経ったらお肉を揚げます。
全体的に白っぽいですが大丈夫です。
お肉を揚げたら油を180度まで上げていきます(箸を油に入れて箸全体から細かい泡がぷつぷつ出るくらいの目安)。
3分経ったらお肉を揚げます。 全体的に白っぽいですが大丈夫です。 お肉を揚げたら油を180度まで上げていきます(箸を油に入れて箸全体から細かい泡がぷつぷつ出るくらい

5 油が適温になったら2度揚げしていきます。
1度目でお肉に火は通っているので今回は衣をサクサクにするための揚げです。
いいきつね色になったら揚げちゃってください。
30-60秒くらいで色が付きます。
油が適温になったら2度揚げしていきます。

仕上げにとんかつソースをかけて召し上がってください!
仕上げにとんかつソースをかけて召し上がってください! 千切りのちゃべつを添えると「THE・とんかつ」って感じになりますね!」

 

いかがでしたか?
今回美味しくするためのポイントは3つありました!
おさらいすると

・肉を叩いて延ばしたら元の大きさに戻して成型する

・溶き卵にサラダ油を混ぜ合わす

冷たい油から弱火で徐々に加熱して、ひっくり返して3分。一度取り出して油を180度にして30秒ほど2度揚げする

です。どうでしょう?
とても簡単ですよね?
少し前の僕は肉を叩いて繊維を破壊することで柔らかくなることは知っていたけど、元の大きさに戻していなかったり
溶き卵にサラダ油を入れていなかったり
最初から高温で4分ほど揚げて完成にしてしまっていましたが、この作り方にしてから出来上がりがびっくりするほど変わりました!

肉料理を上手に作るコツとして、よく
「お肉を常温に戻しておく」
と聞いたことがある人も多いと思いますが、要は均一に火を通すための工程なのです。

お肉の温度を急激に変えてしまうと、肉に含まれている水分が流れ出てしまい、パサついた仕上がりになってしまったり、表面がいい感じに見えても中まで火が通っていなかったりしてしまう事になりかねません。
そうならないための常温に戻しておく工程なので、面倒くさがらず揚げる30分前には冷蔵庫から取り出しておくことをお勧めします。
その間にキャベツの千切りや洗い物や洗濯物などを済ましてしまいましょう(笑)

ありがとうございました!